楽しく楽観的な気持ちで健康管理

楽しく楽観的な気持ちで健康管理

50代も半ばになってきた私です。

多少は死を意識する年になりました。

あと、30年ぐらいは生きていきたいです。

これは欲張りでしょうかねえ。

しかし、普段は死から遠ざかった生活をしています。

死ぬことばかり考えているわけではありません。

毎日、普通にご飯を食べるし、普通に寝ています。

まだ、まだ、元気いっぱいです。

最近、ウォーキングを始めました。

若いころはウォーキングなんて、絶対やらないと思っていました。

私たちの本能は自分が生きていく行動を自然にとります。

私たちの本能は生きることを望んでいます。

その本能がウォーキングを始めさせたのかもしれません。

夕食が終って、7時半ごろから歩き始めます。

無理に毎日、義務のようには歩いていません。

とにかく、無理をしないで、楽しく歩いています。

妻も一緒に歩いてくれます。

この歩いている時間が夫婦の大事な時間になりました。

二人でいろいろしゃべりながら、歩いています。

歩きながら、笑い転げている時もあります。

とても、幸福な感じです。

幸福感が高い人は免疫が強いそうです

風邪などの病気にかかりにくいです。

幸福感が高い人は風邪をひく確率が3分の1ぐらい下がるそうです。

楽観的になることも必要だそうです。

楽観的な人も免疫力が高いようなのです。

長生きには、目の前の小さな問題を笑い飛ばせるくらいの気持ちが必要なようです。

歩いている時はいやなことを忘れて、とても楽観的な気持ちになっています。

まだまだ、やりたいことの多い50代の私です。

寿命は運命ですので、未来にお任せします。

でも、もしお願いできるのならば、健康で長生きしたいです。

神経質に健康を気にするのではなく、楽しく楽観的に健康になっていきたいです。

プリウスα

小顔になるために

私は、えらがはっている顔なので、どうしても顔が大きく見えてしまいます。

ダイエットして体重は減っても、顔だけは小さくなりません。

逆に体が細くて顔が大きいというアンバランスなスタイルになってしまいます。

えらが気になって、髪型もえらを隠すようにロングにしています。

えらがはっていなかったら、もっといろいろな髪型にチャレンジしていたのですが‥。

彼は「そんなに気にするほどではないよ」と言いますが、どうしても気になってしまいます。

そのため、少しでも顔を小さくする方法があれば、といつもいろいろな方法を試しています。

えらは骨格の問題だと思うので、顔のマッサージをしたりしても変わらないのではないかと思います。

最終的には美容整形しかないかもしれないという結論に至ったのですが、さすがに美容整形はお金もリスクもかかるので、そこまではできません。

まあ、普通に小顔になるのは無理だとしても、何か改善方法はないかといろいろと見ていました。

マッサージは、以前続けていました。

顔の輪郭に添って、あごの辺りから耳の辺りまで下から上へ持ち上げるという方法です。

長いこと続けていましたが、あまり効果はありませんでした。

マッサージをしても変わらないと思ったのは、この結果があったからです。

でも、何もしないより少しでも刺激を与えていたほうが良いかもしれないと思い、最近、顔のコロコロを購入しました。

顔のコロコロは、コロコロと顔をマッサージする器具です。

テレビを見たりしながら毎日コロコロするだけなので手軽にできます。

使っているという人も多いのではないでしょうか。

これで顔が小さくなるとは思いませんが、しないよりましだと思って毎日続けようと思います。

あまり期待はしていませんが、少しでも顔が小さくなれば嬉しいです。

何もしなくても小顔の人が羨ましい限りです。